RSS | ATOM | SEARCH
原発と集団ヒステリー
  福島原発問題が終息していないのにちょっと不謹慎と思われるかもしれませんが、若干原発に対する世間の見方が落ち着きを取り戻してきたようですので少し私見を。

 今回の震災で原発に対する見方が厳しくなりました。ただ政府やマスコミ、世間の反応はやや過剰で集団ヒステリーのように見えました。浜岡原発の即時停止が良い例です。

 現在の生活では電力は必需となってしまっています。これまでの電力会社の戦略とも考えられますが、我々が恩恵を受けていることも事実です。
 
 原発問題がクローズアップされている時には、マスコミに○○専門家と言われる方々が、原発を止めても大丈夫と発言しておりましたが最近の試算ではやはり夏場の電力が不足することが判って来ました。もちろん○○専門家が責任をとるわけではなく、単なる無責任発言だったというしかありません。
 新聞マスコミでは節電方法とその効果を図示しておりますが、多くはすでに実践されている方が多いのではないでしょうか。つまり全員が節電方法を実践したとしても期待されたほどの節電効果は見込めないと考えます。

 自動車関連は休日をずらすとのことですが、ここにも疑問があります。工場が休業となれば従業員は自宅で過ごすことが多いと思いますが、おそらく冷房を使うかたが多いでしょう。1台の冷房で電力を約2kwh使うとして、休日シフトの従業員が1万人(1万家庭)いればそれだけで2万kwhの電力消費が生まれます。工場稼働時の電力がどの程度かが判らないため比較は難しいですが、ひょっとすると休日シフトの方が逆に電力需要を引き上げる可能性もあります。休暇中の方々が公共施設(図書館など)で過ごせば話は別ですが…。もう少し多面的にみた試算が必要と考えます。

 また原発停止の際に政府は電力料金の引き上げは行わない様なことを言っていましたが、不可能でしょう。代替の火力発電にしても原油高やLNGを利用してもエネルギーあたりのコストが原子力に比べ高くなるため必ずどこかが料金負担を強いられます。電気料金が引き上げられなければ政府からの助成金という形で税金が使われ、結局は国民の負担になります。

 以上より決して原発推進ではないのですが当面は原発の安全性を高めつつ電力供給を維持し、それとともに自然エネルギーなどを効率よく低コストで利用するための研究を進めることが現実的だと思います。近い将来に1日でも早く低コストでクリーンなエネルギーで生活出来る日が来ることを望んでやみません。
author:たかち, category:-, 12:41
comments(4), trackbacks(0), - -
Comment
おはようございます!

ここ最近になって(原発事故以来)太陽光発電ソーラーパネルの設置訪問販売が頻繁に来るようになりました。
初期投資費と、それに対する見返りが、どう見ても釣り合わない(メリットにならない)と思われるので毎回断っていますけどね。

主旨と少し脱線しましたが節電という概念においては一理あるかと思いました。
あきねこ, 2011/06/24 5:18 AM
あきねこさん

こんばんは。原発は現在のところ必要悪と考えます。
太陽光発電などの自然エネルギーの利用が早く安価に利用できるような技術開発を急ぐべきと考えます。それまではいかに原発の安全性を高めるかが大切だと思います。

太陽光発電は確かに元は取れないですね(苦笑)。10−15年で計算ではペイ出来そうですが機器の寿命もありますので難しいところですね。私は自宅で導入していますが、少しでもエコに協力できればという気持ちのみで導入を決めました。発電量を見る度になんだかエコしてる気分になりますよ(笑)。
院長, 2011/06/24 11:37 PM
まあでも、たまには、
大人たちって、すげえな、やるときはやるんだな
ってとこを見せて欲しいという気もしますね。
世の大人たちって、ほんといつまでたっても子供ですよね。
>ただ政府やマスコミ、世間の反応はやや過剰で集団ヒステリーのように見えました。
このような評価というのは、政府やマスコミ、世間がどうであったか、ではなく
あなたが、あなたご自身が、この事故の規模をどれくらいだろうと、見積もっているか、
ということの現れです。
言われてるよりずっと深刻だとあなたが思っていれば、逆によくみんなこんなに平気でいられるなと思い、
言われてるよりずっと軽微だとあなたが思っていれば、ヒステリーだと言う風に見えることもあるだろう、ということです。
あなたが、事故の規模をどれだけ正確に知っているかは、正直あてにはできないのですが、
ヒステリーだというのであれば、
別に、他の発電方法に変えたり、必要悪だなどと表現する必要もないように思いますが?

ですので、私はあなたは、正確な事故の規模、や、ぶっちゃけ危険度を、
知らないし、言われるほどひどくはないだろうと、ぼんやり踏んではいても、それを決して心の底から確信できない。
そんな座りの悪い感覚をごまかすために
声高に発言、行動している人を、ヒステリーだと「言いたがって」いるのだと思います。
違いますかね?
キャモン, 2011/10/11 1:41 PM
キャモンさん
レスありがとうございます。
「集団ヒステリー」のコメントにつきましては、あくまでも客観的に政府・マスコミ・世間(の一部)を観察した上でのコメントです。御指摘の通り、置かれた立場によって見方が変わります。私のコメントは第三者的立場から、現在のエネルギー需要と原発の必要性を考慮してのものです。(もちろん与えられた資料に作為があれば結果も変わって来ますが)
原発の危険性は今回の事故が起きる以前より指摘されているもので、事故後の反応は私から見れば「何を今さら」といった感じです。原発以外のエネルギー源が開発促進されていれば、今回のようにエネルギー不足で慌てることもなかったでしょう。ところがこれまでのエネルギー政策で原発への依存度は高くなる一方で、いざ原発を全廃したときに重大なエネルギー不足が生じる事は明らかなのです。
以上より、原発は将来的には全廃方向に持って行くのは当然ですが、それまでの間は使用中の核燃料に関しては有効利用するのはありかなと考えました。

今回の事故はあくまでも原発を考え直すきっかけの一つに過ぎないと考えます。

キャモンさんはヒステリーという発言に否定的なようですが、現在の政府・マスコミの脱原発への姿勢は如何でしょうか?以前に比べ明らかにトーンダウンしているように見えるのは私だけでしょうか?
渦中の方から見れば自分自身をヒステリーとは言わないでしょう。ところが一旦冷静になり客観的に物事を観察できるようになると、自分の行動がおかしかったことに気づくでしょう。私は当時よりも現在の政府・マスコミの方がより冷静に考えているように感じます(それでも偏っているようにも見えますが…)。
院長, 2011/10/17 7:30 PM









Trackback
url: http://blog.clinic-hiramatsu.com/trackback/88