RSS | ATOM | SEARCH
震災の義援金
  昨日、東北大震災の被災者への義援金などの配分が発表されました。

 県によって異なるようですが、岩手では
 死亡・行方不明:50万円
 住宅全壊:50万円
 住宅半壊:25万円

とのことです。(県+赤十字などの義援金の合計)

 金額的にはやや少なめかな?と思いますが被害の甚大さを考えると仕方がないのかとも思いました。

 ところがふと考えてみるとこれでいいの?と考えてしまいました。
例えば、5人家族で考えてみますと…

1.自宅全壊で家族4人が死亡もしくは行方不明の場合;
 50万円+50万円×4=250万円

 悲しみを乗り越えて1人で生きてゆくことを考えると決して多くはない金額か…

2.自宅半壊だが、幸運にも5人全員が生存の場合;
 25万円

 家族全員が助かり何と幸運な…でも失業してたら生活が…5人で25万円だと1-2カ月で生活に行き詰ってしまうのでは?

 配分は大切だが、生き残った人の生活を第一に考えた方が良いのではないだろうか?死亡・行方不明者への御見舞金は緊急を要するものではないため状況が一旦落ち着いてからでも良いのではないでしょうか?

 以上が私が抱いた素朴な疑問でした。
author:たかち, category:-, 12:48
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.clinic-hiramatsu.com/trackback/78